漁師日記
by y-ippei
こずえ丸
船体の横にはCoast Guardと表記されてるのに沿岸警備隊ではなく海上保安庁という名称で、国土交通省に所属する警察機関であり、海上における特別司法警察である(従って海上保安庁職員である海上保安官は特別司法警察職員である)。 第二次世界大戦後、旧大日本帝国海軍の残余艦艇と人員をもとに創設された。創設直後には掃海活動も重要な任務の一つとされ、その一部は朝鮮戦争に出動する事もあった。掃海部隊は海上自衛隊設置に伴い同隊に移管された。また、初期の巡視船は全て非武装であった。現在は、上記の不審船問題などから高速で重装備の巡視船の配備、海上自衛隊との様様な面での連携強化が課題となっている。だそうです。
d0124872_23181821.jpg

毎日精が出ますね~
d0124872_23182851.jpg


海からの帰りに海上保安庁の船の近くにこずえ丸を発見。
普段漁船が浮かんでいる様な所ではないので怪しいものでも運んで「捕まったのかな?」と近づくと、どうやら漁具の調整をしていたようですw

漁師は海に出れない時でもやる事っていっぱいあるんです。
[PR]
by y-ippei | 2007-12-08 23:33 | 人々
<< モズク網移動~地張り 沖出し 種付け  >>


カテゴリ
全体
もずく養殖
もずく販売
人々
食べる
遊ぶ
道具たち
日々の作業
生き物
その他の漁業
その他
新聞軍団
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧