漁師日記
by y-ippei
カテゴリ:道具たち( 147 )
ウニ割り
簡単な道具ほど優秀で使えます。ウニを真っ二つに割るのに使いますが、微妙な力加減と刃の入れ方が要求されます。基本的にこういう道具は手作りで、使う本人でないとツボがわかりませんので非常に貴重な道具です。
d0124872_10133555.jpg
d0124872_10134321.jpg

[PR]
by y-ippei | 2007-08-25 10:13 | 道具たち
シャコガイハンマー
d0124872_10115790.jpg
d0124872_1012315.jpg


シャコガイを獲るのに使います。
ハンマーの部分で石を割って、右側のとがったとこっろで引っ掛けて取り出します。本土では食べたことはありませんでしたが、沖縄では寿司ネタや刺身として食します、美味です。特に肝の部分は豆腐と呼ばれ漁師の間では濃厚な味と香りが人気です。
[PR]
by y-ippei | 2007-08-25 10:11 | 道具たち
重器材
d0124872_108178.jpg

d0124872_1081013.jpg


重器材(スキューバダイビング用器材)です。
上はBCジャケット、レギュレータ、ゲージ類、ウエイトで、下はタンクです。

BCはハルシオン社(US)でバックフロートタイプ、シンプルで丈夫です。レギュレータのオクト(バディー用の吸い口)は基本的に一人で潜るのでとってあります。

タンクは14Lのスチールタンク、アルミ製のものもありますが、事故が多いのと水中バランスの関係で僕はスチール派です。とにかく器材はシンプルで丈夫なものを買います、大体そういうものはかっこいいですし。
[PR]
by y-ippei | 2007-08-25 10:09 | 道具たち
軽器材
d0124872_1065486.jpg
d0124872_107328.jpg

簡単に言えば素もぐりに使う器材を軽器材、プラススキューバダイビングに必要な器材を重器材と呼ぶようです。フィンに関しては網の仕事をするのにはこのフィン(潜り漁用)は不向きです、バックルなど引っかかる可能性のある突起は基本的にNGで、ブーツタイプ(フィン自体を靴のように履くタイプ)を使います。
マスクはシリコンゴムに直接ガラスがくっついているフレームレスタイプを使っています、視野がだいぶ広がります。モズクの作業にはフルフェイスのマスクを使うので、鼻でも息ができますし、マウスピースを長時間噛んであごが痛くなることもありません。シュノーケルは排水便など余計?な機能のついていないシンプルで壊れにくい物を使っています。
[PR]
by y-ippei | 2007-08-25 10:05 | 道具たち
ホースダイビング用コンプレッサー一式
モズク養殖など浅瀬で長時間水中作業をする場合は通称フーカーといってコンプレッサーからホースを使ってダイバーに空気を送るホースダイビングが主流になります。写真上はエンジン、コンプレッサー、空気タンク、エアーフィルターの一式がセットに組んであるものです、これに写真下のホースとマスクをつなげて使用します。

d0124872_104071.jpg

動力にディーゼルエンジンを使っていますので、風向きや、コンプレッサーの吸気口をよく考えて潜らないと圧縮された排気ガスを吸うことになりあっという間に昇天します(w)

d0124872_1041058.jpg

ちなみにホースは農薬散布用のホースを加工して使っています。
現在は船のエンジンから電磁クラッチとベルトで動力を取ってコンプレッサーを回していますが、鉄筋打ちが大量にある時期にはこの一式コンプレッサーの登場となるわけです。
[PR]
by y-ippei | 2007-08-25 10:02 | 道具たち
フィッシュキルナイフ
そのまんま魚を〆るためのナイフです。夜のもぐりは基本は魚の急所を撃ち即死(ピクリともしません)ですが、あせって急所をはずしたときや、昼もぐりのときはよくこのナイフが活躍します。

極力キズを小さくするためと刺さりやすいために普通のダイブナイフよりは細身なのがお分かりいただけますか?僕はこのナイフに100均で売ってる携帯電話を服にクリップでつなげる伸縮自在のラインをつけて、紛失防止をしています(かなり夢中で泳いでるときはナイフが落ちても気がつかないので)。

ちなみにこのナイフはかなり安価で切れ味は非常に悪く、ロープカッターなどの切れ味重視のナイフも別に装着しています。

d0124872_0492547.jpg

[PR]
by y-ippei | 2007-08-24 00:48 | 道具たち
昼用水中銃(スピアガン)
RIFFE社(US)の水中銃。
水中バランスがよく、純正シャフトが優秀で、機関部もチタン製で何本ゴムをかけてもトリガーが重くならないなど、「量産品の水中銃では最高峰」と、スピアフィッシャーマンからも高い評価を得ています。

ウッドの感じも個人的には好きですね。

 
d0124872_0404999.jpg

d0124872_041634.jpg

[PR]
by y-ippei | 2007-08-24 00:38 | 道具たち


カテゴリ
全体
もずく養殖
もずく販売
人々
食べる
遊ぶ
道具たち
日々の作業
生き物
その他の漁業
その他
新聞軍団
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧